2014年08月20日

カブト虫イベントに石ころアートで参加

 8月17日 (日)10時〜15時
 ビジター棟1F
 
 今年も定番になった夏休みカブトムシイベントに石ころアートで参加した。
 場所はビジター棟1階です。
 通路はカブト虫の展示飼育ケージが並びその奥は事務所が管轄するカブト虫紙工作ブース、そして私たちはその反対側の半分を借りて陣取る。
 今日はお盆明け、開場早々からこのカブト虫を目当てに小さい子供連れのファミリーが詰め掛ける。彼らの順路は、カブト虫見学、ヘラクレスと写真を撮る、その次は模型工作へ人は流れていき、やがて石ころアートにも人が集まってきた。小さいお子供さん連れ(2歳〜7歳ぐらいまで)のファミリーがカブト虫などに挑戦してくれた。ごく小さい子供さんは親御さんと雛形のてんとう虫、アザラシ、セイウチ、ふくろうなどが人気でした。
 最近はパソコンやタブレットでじっくり観察して残像として脳に焼き付いている為か実にきれいな形の虫がスラスラ描けるのには感心した。1個蝶々を完成させた女の子は、来年はこれを描きたいから絶対つれて来てよとせがむ。
 気に入ってくれる子供さんがいてありがたくスタッフ一同励みになります。参加者は43人参加でした。


8月23日(土)10時〜15時
ビジター棟2F

 カブト虫企画石ころアート2回目
 今日も学童前後の小さい子供さんとそのご父兄がトライしました。
 アクリル絵の具と柔らかめの筆は初体験だという人が大半でしょうが、色がクリアーで、透明水彩のように上に上に重ねて描けるので興味深々喜んで取り組み始めました。背景の上に細い触手を描くつもりが、太くなってしまいました。それは大変!背景の色で細くしてあげると、「ワー、メッチャ便利」と感嘆の声を上げ、どんどん描き完成させます。どの子も諦めませんでした。
 グループのご父兄も触発され、童心に返り夢中、乳児を机に座らせ描くお母さんも現れ、サポーターが子守もしました。なかなかいい企画だと喜んでもらえて、私たちも勇気が出ます。
 今回も40人もの参加がありました。
 最近は前もってこの公園のHPでイベント・チェックして来られているようです。
CIMG4312.jpg CIMG4308.jpg





posted by 海峡フレンズ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ペイントクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。