2015年08月26日

夏休み石ころアートイベント8/22、8/23

 8月 22日(土)8/23(日)
 ビジター棟2F
夏休みイベント石ころアートは8/22、8/23の連日でした。
毎年ながらお客さんが来てくれますようにと祈る思いで臨みます。その祈りが通じて子供さんや親子連れが体験しに来てくれました。年々その年齢が低年齢化して2歳から小学2〜3年生、とその父兄が子供に返って楽しまれました。1個100円という手軽さもあって、1日目は43人、2日目は38人の賑わいとなりました。

最初の体験者は2人姉妹です。上の子供さんは年長組でキャラクター・アンパンマンの見本を選び緊張気味ですが、2歳の幼児は小さい石を選び、こちらは大胆に、赤、黄色、緑と次々絵具を所望します。“これで出来上がり”と潔く数分で終了、アンパンマンのつもりだそうですが歩くのがやっとの幼児も描くことにこんなに興味があったのですね、保育所の影響かしら、
IMG_0945.jpg

2年生の男の子は長めの大きい石を選び、クワガタに挑戦ですが胴体はアメリカ国旗風に描き、完成作はこんなアートなヘラクレスです。アクリル絵の具の使い方が直ぐに理解でき手順がスムーズです。隣で一緒に描くお母さんも“それすごい”“それ天才”とその都度上手に褒めて促す様子が微笑ましく、子供さんもスタッフを巻き込んでリラックスそのものです。自信作が出来上がると母親の携帯を借り、写真を撮る様子も手慣れたものです。子供のスマートフォン事情も垣間見ましたよ。
IMG_0946.jpg

2日目、親御さんが子供さんと一緒にトライした。昔の図工を思い出しながら初体験の様子でしたが、細長い角張った石の面に時間をかけてクワガタを大小2匹描いた。その石は建設現場のバラス状態で表面も凸凹ですが絵の才覚を発揮された頭脳的作品になりました。すると子供さんが“お父さんの作品はすごいよ”と自慢げに見せに来てくれました。これには私達も脱帽です。
IMG_0948.jpg

総じて、トライされた作品はカブト虫類が6割、石ころアートのひな形の模倣が3割、その他小さい石に可愛いイラストを描いた幼児の作品に分けられます。学童のリピーターさんもおられ、これが私達の気持の支えになります。絵の才覚のある人から教えられることも多々ありました。
posted by 海峡フレンズ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペイントクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424813936

この記事へのトラックバック